--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

色塗り講座

2008年11月15日 21:58

・・・講座と言うほどのコトでもないのだが、他の人の知りたいなら、まずは自分のを晒せってコトで;;
(ウェブカレの会長も言ってるしな・・・/苦笑)
でも、まずは基本的な事を知ってる前提なので、分らない所は各自で調べよう!(丸投げ/爆)
まず、そこから始めるのが上達の近道!うん。

絵もそうだけど、塗りもその人の元々のセンスだよね。
絵以上に、色は真似出来ないよ・・・
でも、知識として取り入れられる部分はあると思う。えぇ、そう信じてる!(自分に言い聞かせ)

そんな訳で、あまり良い素材じゃなかったのだけど、これらがマシだったので・・・
説明用に絵板動画です。

◆女っぽい眼鏡兄ちゃん;;
◆エルンストさん(最後ちょっと破損;;)

これは、しぃPBBS使用の動画なんですが、絵板はレイヤーが2枚しかない以外、SAI使おうとフォトショ使おうと、やってる事は一緒です。私は^^;;

まず、この絵板動画から説明すると・・・(再生は「既」が良いかも?)
眼鏡兄ちゃんの方は、0レイヤーにあたりを描いた後(ちなみに絵板だとデフォルトの青緑?じゃないと下書きできないんですよ、何故か/笑)1レイヤーに黒でペン入れ。
0レイヤーの下書きを削除して、肌色部分を塗り、それを逆マスクして影付け。
コレはトーンを使って2色をグラデにしてますね。同様に、髪とそれらしく見えるように迷彩柄まで塗ります。
次に服の影はレイヤー1(線画レイヤー)に、黒をマスクにしてグレーで描きます。
それをA値を適当に下げた、四角消しゴムで消して半透明にして微調整した後、小物や目を塗ってます。
タトゥーは黒を逆マスクで色変えました。
ここまでのをレイヤー0に統合、レイヤー1にサングラスの色を塗ります。服の影同様にA値下げて四角消しゴムかけて半透明にした後、グラデにする為に1度レイヤー0で結合。レイヤー1にオレンジで塗り半透明化し、グラデにする為にA値下げた消しゴムでぼかしてます。
レイヤー0で統合。全部の色のトーンを同じにする為に、レイヤー1をA値を下げて塗り潰し、余計な部分を消してるんですが・・・もうちょっと効率の良い方法があったような気がする;;
レイヤー1に統合して、レイヤー0に適当に背景を描いてます。最後に人物白抜きの方が良い気がしたので縁取り描いてますが、最初に気付いていれば、角取り使って縁取り出来たのに・・・的な(苦笑)

次はエルンストさんの説明(こっちのがSAIやフォトショの作業方法と似ています)
ペン入れまでは上のと同じくレイヤー1にペン入れしてます。
次の色塗りですが、肌色部分と髪は色分けするのが面倒なので、レイヤー0にそのまま塗ってます。
はみ出しは気にしません(後で塗り潰すので)特に肌色部分は見てても何をやってるのか分かりにくいですね;;
私は明るい肌色が好きなので、覆い焼きを使って光る感じに仕上げます。唇の艶、最重要(笑)
同様に髪の毛も塗ります・・・が、どうやらコレはレイヤー1に黒マスクで塗ってる模様。
それ以外のパーツは、はみ出しを気にせずに塗れる様にレイヤー1にパーツ毎に塗り潰して色分けします。(この時、肌色のはみ出し部分は無くなります)レイヤー1に結合。
塗りたい部分の塗り潰し色を逆マスクにして削除。レイヤー0に塗る→レイヤー1で結合…の繰り返し。
目は線画レイヤーに黒マスクで塗ってる…と思う。眼鏡は上の絵と同様に、レイヤー0に統合後レイヤー1に塗って半透明化(途中、何度かはみ出しチェックしてる模様/笑)
これで色塗り終了。レイヤー1に統合後、角取り使って白縁取りしました(方法は講座サイトをご覧下さい)
柔らかさを出す為に、レイヤー0統合→レイヤー1コピー→黒マスクで削除(線画抽出)→A値調整してぼかしをかけてる模様。
最後は右上に縦に名前を入れてるんですが、多分、角取りを使ったせいで動画壊れてます^^;;


・・・こんな感じ。これは絵板だけど、フォトショでもSAIでもやってる事はあまり変わりません;;
まず最初に、はみ出さずに塗れる様に、パーツ毎にレイヤーに2階調ペンなどで塗って分ける。
その後「透明部分の保護」にチェック入れると、塗ってある部分以外は塗れないようになります。
それをベースに影の部分を塗る時は(ちなみに私はほぼ1枚レイヤーで塗りますが^^;)フォトショなら下のレイヤーとグループ化、SAIなら下のレイヤーでクリッピングで、ベースのレイヤーと同じ様に透明部分が保護されます。

で最終的に、絵板でやってる加工と同じ事をしているんだな、これが(苦笑)
レイヤー統合後→レイヤー複製→ガウスぼかし→不透明度40%くらいでオーバーレイかソフトライトとか。
更にその上にグラデを同様にオーバーレイとかの加工して出来上がり。
PC塗りは最終的に色調整するのを前提で塗ってしまう・・・どうしても色合いが暗い感じがして最後に明るくするんだよね(苦笑)


・・・以上、ちょっとは参考になったでしょうか、ね?
ダラダラ長文で、しかも分りにくい説明でスンマソン;;;
(おめぇ程度の技術なんで、誰でも知ってるんだよゴルァ!って声が聞える・・・;;;)


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://yw.blog55.fc2.com/tb.php/419-0b160314
    この記事へのトラックバック


    Recent Entries


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。