--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダレン・シャン

2010年03月19日 23:53

NINEを見に行ったはずだった。
が、しかし、なぜかダレン・シャンを見ていた(苦笑)

それはね。

上映時間を間違えたから(爆)
本当は20:10開始が、はは様が20:55と思い込んでたせいでな!(どっから55分でてきた!)
映画館に着いたら、既に上映開始されてたよ;;
せっかく行ったのに何も見ずに帰るのもアレなんで、ダレン・シャンを見てきました。
まあ。もともと気になる映画ではあったんですが、その映画館では吹き替えしか上映されないんで、あまり乗り気ではなかったんだけどもね;;(吹き替え好きじゃない)
(別に英語が分かる訳じゃないのだけど、台詞を音声で「聞く」より「見る・読む」方が頭に入るんだよね。多分、慣れだと思うけど)
(あと吹き替えだと配役が好みじゃなかったり、演技が好みじゃない事がしばしばある;;字幕だと実際の俳優さんの演技とは別に、自分の頭の中で自分好みに(小説や漫画を読むのと同じように)声のトーンや演技などを変換してるからね)


さて、ダレン・シャンですが、主人公ダレン・シャンの吹き替え担当の山本浩典くん。
俳優になるのかアイドルなのかよく分からないのだけども、多分今まで彼の演技は見た事がない。
・・・と思う。(ドラマとかあんま見ないし;;)
そんな訳で、1ミリも期待していなかったのだけど、思ったよりかは良かった、と思う。
ただ、やっぱり字幕版で、自分なりのダレン像を脳内に構築したかった身としては、今後ダレンを思い浮かべた時にあの声で再生されてしまう事に、もやもや感が残ります。はあ;;

映画の内容としては、最後まで映画化されるのかどうかだけが心配(苦笑)
ハリー・ポッターのように映画1作目から、最後まで映画化が確定してる訳じゃないよね?
最終的にダレンとスティーブがどうなるのか、最後まで見届けさせてくれますかね?
あ。原作買って読めって?全くその通りです(苦笑)
でも、今回の映画は起承転結で言えば「起」の途中すぎで、物凄く消化不良;;
続き作らなかったら、全くの詐欺だよ。
あ。だから原作買って読めって?本当にその通りです(苦笑)
(漫画版を読む気はないです。だって絵が自分の中のイメージと違いすぎるから;;)

先日見てきたパーシー・ジャクソンは原作にまだ続きがあるけど、とりあえず今回の映画は映画で完結しているので、続編が出来なくてもそれほど違和感はないです。
あ、ちなみにパーシー・ジャクソンは終始「ご都合主義」な気配は漂ってたんですが(神からも人間からも追われる身になった主人公ご一行(高校生)が、それなりに見つからずにアメリカ大陸渡り歩くとか突っ込まずにはいられない/笑)まあソコは「だってハムナプトラだもんw」並みの強引さで突っ走ってて逆に爽快だったんですがね(笑)
それも都合良く解釈すれば、ポセイドンがこっそり手を回していたのかも?(笑)
私はギリシャ神話に詳しくないんですが(勉強したいとは思いつつ今に至る)詳しい人には「ゼウスの稲妻を盗んだ犯人」はすぐ分かるかと(苦笑)


あれ?話がすり替わってしまったね(苦笑)
とりあえず。
どちらも原作を読んでないので、1冊をどれくらい上手にまとめられてるのかは判断出来ないのだけれども、それまでごく普通の高校生だった主人公がある日突然、ヴァンパイアだったり神の世界だったり、今まで想像もつかなった世界に巻き込まれて戸惑いながらも成長していく物語としては、面白いと思います。はい。


ダレンシャン公式サイト
http://darren-shan.com/

パーシー・ジャクソン公式サイト
http://movies.foxjapan.com/percy/



今日の夜こそNINE見に行きたい!


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://yw.blog55.fc2.com/tb.php/747-73d55362
    この記事へのトラックバック


    Recent Entries


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。