--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アリス

2010年04月20日 23:53

アリス・イン・ワンダーランドをレイトで見てきました。
ああ。3Dではなく、普通の字幕です。
3Dは上映されてる所が限られてる(ウチから遠い)上に追加で300円かかるので、
女性の日じゃないと無理だよねー、的な(苦笑)

って言うか、3Dはアバターで1度見たんですが、あの眼鏡はどうにかならないかしらね?
眼鏡の上からでも大丈夫になってるせいか、やたらに重いんだよ;;めっちゃ疲れる;;
しかも仕方ないとは言え、サングラスのようにレンズが薄暗いので、必然的に映像も薄暗く見える。
映像自体が薄暗い場面は、本気でよく見えないんですけど;;;
眼鏡はあんな頑丈なものでなく、パークで使用してるような簡易の物で良いのではないかなぁ。
パークの「ミクロ・アドベンチャー」や「マジックランプシアター」で不都合はないし。
アトラクションなら15分程度の上映だけど、映画は2時間かけっぱなしだもん。
重たいと本当に疲れるよ。目も、耳も、頭も。
ちなみにアバターは3D眼鏡をかけてると、本来の美しい画像が薄暗くなってザンネンだったので、途中外して見てました(苦笑)

そして、結果的に言うと、アリスは薄暗いシーンが多かったので(そのまま見ていても暗くて見えにくかった)3D眼鏡かけたら全然見えないんじゃないか?と心配。
でも、ま、やっぱり3Dでも見てみたい気はしますが・・・



さて、アリス。
このタッグでハズレはないよねー(笑)
でも、個人的には「あともうちょっと感」があったかなぁ。
ま、ハズレのないタッグだからこその辛口評価とも言える(苦笑)

成長したアリスが再びワンダーランドを訪れる話なんですが。
実写アリスの3D映像なら、「その後」ではなくても良かった気もする。
んで、続編でその後が良かったなぁ。

あー、何かごちゃごちゃ書こうと思ったけど止めた。
見た人の数だけ、その人の心にアリスは存在すると思うので。
(説明放棄、とも言う/爆)


そう言えば、ビックリしたのが、体の大きさは変化しても服は変わらない設定。
その設定のせいで、巨大化する時のサイズが中途半端だったなぁと思った(苦笑)
あまりデカくなりすぎると、着れる服がないからねぇ(苦笑)
(ちなみに、デカくなった時はカーテンを利用して服にした)

割とハートのジャックが好きでした。
あの、ちょっとしたヘタレ臭(笑)


アリス・イン・ワンダーランド公式サイト
http://www.disney.co.jp/movies/alice/

色々とタイミングが合えば、2度目は3Dで見に行きたい。
・・・見れるかなぁ?



さて、ひさびさに不思議の国と鏡の国を読み返したくなったぞ。
・・・なったけど、読み返す確率はゼロに近い?(死)

不思議の国のアリス (新潮文庫)不思議の国のアリス (新潮文庫)
(1994/03)
ルイス キャロル

商品詳細を見る


鏡の国のアリス (新潮文庫)鏡の国のアリス (新潮文庫)
(1994/09)
ルイス キャロル

商品詳細を見る

私が所有してるのは、金子國義さんのイラストが印象的な新潮文庫のこの2冊です。
他のアリスも欲しいとは思いつつ、今に至る・・・と。
そればっかだな、自分(苦笑)


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://yw.blog55.fc2.com/tb.php/777-29c48e0e
    この記事へのトラックバック


    Recent Entries


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。