--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あなたに恋してる

2010年05月04日 11:03

もう、これは、恋だと思う。


もんでんさんが好きもんでんさんが好きもんでんさんが好きで
ドキドキが止まらなくて
誇張表現ではなくて、本当に平時より心拍数が早くて
口から胃が出そう

です。
・・・でも食欲は落ちない・・・それが俺(苦笑)
そんなに好きなら、次の一手はもう分かってるよな?


blog233.jpg

どーん!とな(笑)
やっちゃうよなー。そりゃそうだよなー(笑)
巻数の多いものは若干、心構えが必要なので、とりあえず手始めに短編集的なものから。
まだ、全部は読めていないんですけども。軽く感想。


もんでんあきこ THE BEST ~愛しみ、深く~ (クイーンズコミックス)もんでんあきこ THE BEST ~愛しみ、深く~ (クイーンズコミックス)
(2005/11/18)
もんでん あきこ

商品詳細を見る

初期読み切り作品をまとめたもの。表紙絵とは全然絵柄が違いますね。
少女漫画の絵です。目・鼻・口を細かい線の集合体で描く感じ。上手く説明が出来ない;;
絵が古いと言えば古いのかもしれませんが、これはこれで凄く好き。
巻末に2005年時の絵でキャラ描いてるけど、もう別人だもんなぁ。
北海道人ならではの、地元舞台なのが嬉しい。それだけでも嬉しい。
・・・結局、ちっとも感想じゃねぇ^^;;


エンジェルの鼓動 (双葉文庫 も 14-2 名作シリーズ)エンジェルの鼓動 (双葉文庫 も 14-2 名作シリーズ)
(2009/08/18)
もんでん あきこ

商品詳細を見る

私が買ったのはサムネが出なかったので文庫版で;;
助産師さんの話。こちらも札幌が舞台。それだけで嬉しい。
昔の札幌駅が懐かしかった。そうだ、こんなだったよ!!
主人公一家もそうですが、番外として描かれてる名取先生の幸せを祈らずにはいられない。
どうぞ幸せになってくださいっ><
作中で生理用品を「おざぶ」と呼ぶシーンがあるのだが、それって全国的で一般的な隠語?
うちの母親もそう呼ぶのだけど、自分の友人とそんな話をした事がないので、ちょっと気になった。
年代的だったり、地域特有の表現だったりするのか?気になる気になる。
汚いという意味の赤ちゃん語「ばっぱい」は北海道特有っぽいよなぁ。
そういうのが随所に出てくると、同じ北海道人である事が嬉しくなる(笑)


…のような気がする。 (ジュールコミックス)…のような気がする。 (ジュールコミックス)
(2005/06/17)
もんでん あきこ

商品詳細を見る

1話完結話の集合体。色々な夫婦(主に妻であり母であり働く女性)の話。
自らも出産経験のある働く女性じゃないと描けない話ですね。
色々な家族の形があっても良いんじゃない?と、同じような立場の、妻であり母であり働く女性への応援メッセージ・・・のような気がする。

この表紙と、上のエンジェルの表紙の、上ななめからの男性の顔。
この角度って、めちゃめちゃ男を美しくセクシーに見せる角度なんじゃ・・・とドキドキ。
(まあ、元が美しくある必要はありますが。ダメなもんは、どの角度でもダメだよね/爆)
今号のターザン表紙も、この角度の男性でふつくしくてはぁはぁ。良い腰にもはぁはぁ(笑)

Tarzan (ターザン) 2010年 5/13号 [雑誌]Tarzan (ターザン) 2010年 5/13号 [雑誌]
(2010/04/28)
不明

商品詳細を見る



以下、女衒夜話について暑苦しく語ります。
あまり健全ではない内容だと思うので、そのつもりで。


女衒夜話 (クイーンズコミックス)
ちっ。サムネが出ない。上の写真の1番左下のです。

あらすじ。
終戦直後の東京。女をかどわかして売り飛ばすことで生計を立てているキリオと、
場末のバーを営む殺し屋の裕也。
闇を這いずるように生きる二人の男は、ある女との出会いで運命の歯車を
くるわせていった・・・(カバー裏より)


初めは読み切りだけの予定の作品だったようで、好評により1巻分の連載化されたんですって。
読み切りの時点で、おそらくぼんやりとした背景はあったはず。
その中で、ギリギリのラインを拾って1話完結にまとめてると思うので。
その後連載化にあたり、よりはっきりとした背景をまとめ直したのだと思うのですが、
そんないきさつにより収録作品の時系列がバラバラです。
(2話目からは、そうなるように配置したってのもあると思いますが、1話目は全くの計算外)
それが逆に凄く効果的で、むしろ計算したかのような見事な展開。これはむしろ映画だ。

この先はネタバレあるので、ご注意下さい。
んもう、キリオとマスターを語りたくて仕方がないのだ。特にマスター(笑)


全ての始まりは、裕也がキリオを拾った事だよな。
自分と同じ臭いを感じながら、自分とは違う「生きた目」をしているキリオに一目惚れしたと言っても良いのではないだろうか。
裕也が「人として死んだ」理由が知りたい。
生まれてから1度もその状態になった事がない性的不能者という事だが、本人はその原因に心当たりがあるらしい。
原因は幼少時における両親からの性的虐待かと思っていたのだが、口淫を知らなかったので違うのか?
しかし両親を殺害するほどまでの心の闇は何から生まれたのか。
やはり原因は両親にあったとしか思えない。
罪は一族により消され、数年幽閉された。これにより、さらに闇が広がったのは事実だろう。
気になる。気になるよ裕也。
人殺しが楽しいと言うが、それは楽しいのではなく人の命を奪う事だけが唯一、己が生きてると確認できるからではなかろうか?

裕也が自分を助けた理由をそっちの気があるからだとキリオは思ったが、言われるまで男色も思い至っていないので、やはり過去に性的なトラウマが原因で(人間的に)死んだ訳ではないのだろうな。
ただ相手がキリオだったので試してみようと思ったはずだ。他の人間なら、そんな興味を抱くはずもない。
そもそも命を救おうなどと微塵も思うはずも無い。
本当に気になる。気になるよ裕也。


結果的にシロも美都も、裕也が選んだ。終焉の為に。
ただ、別の道もあったのではないかと思う。
キリオがキリ子とシロを選んだ事で、生きる結末もあったはず。
キリオがシロを選んだ事で、再び生きる事を選んだ事で、生きながらに死んでいる同族だと思っていたのに裏切られた。
それはおそらく嫉妬。
深く差し込まれたナイフは、不能な裕也が相手の体内の熱を知る唯一の方法。
キリオもまた、生きようとしてもそれが叶わない事を知っていた。
ただ、別の道もあったのではないかと思う。
裕也がキリオを自由にしていれば、キリオとシロは生きられたのではないかと。

シロは「俺とキリオという膿を消すために生まれてきた」と裕也は言う。
でも、それは裕也のエゴではないだろうか。
やっぱり裕也はキリオと一緒に(死にながら)生きたかったし、一緒に死にたかっただけでは、と。
裕也にとってキリオと一緒に過ごした数日間が、人生で1番楽しかったんだろうなぁ。


何だかダラダラ書いたけど、結局は
裕也気になる。
ただそれだけ(苦笑)

しかし、冷静に考えると誰よりもシロの出生その他が一番謎だという事には
あえて気付かない方向で納得しました(笑)


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://yw.blog55.fc2.com/tb.php/789-56a97b6d
    この記事へのトラックバック


    Recent Entries


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。