--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テニヌ

2011年12月28日 00:51

ゆたっちからテニヌがどーんと27冊送られてきたので、12月はまんまとテニヌってました(笑)
いや、まさか、許斐漫画読んでおもしろいと思う日が来るとは夢にも思ってもみなかったよ(笑)

色々とツッコみ所満載だけども、それを含めて変な魅力があるってのは認める。


して、20巻を過ぎたあたりから、酷さに磨きがかかってきて(苦笑)
素晴らしい技の数々を 是非、実写で見てみたい! と思いましてね。
実写映画をレンタった訳ですよ。

実写映画の感想としては、他のキャストは百歩譲れる。
だが、ARATAは譲れない。あれは中学生じゃない!(爆)
ねぇ・・・せめてヒゲ。ヒゲは無しでしょうよ;;
高校生だとしてもギリだぜ、あの見た目(苦笑)

不二が不二、樺地が樺地でひゃっほー!(笑)
てか、俺が1番実写で見たかった技は不二のトリプルカウンターなんだけど;;白鯨だけかよ;;
つか、めっちゃCGな試合シーンを期待してたのに、最後(リョーマ・ARATA戦←役名覚えてねぇ)は普通に打ち合うだけって;;;(苦笑)

べ様の制服のシャツがレースのカーテン(笑)
向日がタケオ君だった。あれは向日じゃねぇ!(爆)


ま、そんな感じの実写映画だったんですが。
同じ棚にテニミュDVDも5本あったんですね。
ついでだから借りたよね(笑)

やばい。面白いじゃないか!!(笑)
よくよく考えて、俺・・・基本的に舞台って好きだったんだよ(笑)
ま、完成度を求めてはいけない部分は多々あるんですが。
あれは 癒し (笑)
そう受け止めたらALLオッケィです(笑)

原作が関東優勝までしか読んでないので、5本のうち比嘉はまだ借りて見てないのだけども、氷帝・六角・立海1st・立海2ndの4本見たよ。
ツイッタでも言ったけど、見た順番にひとこと感想。

立海1st
現地に居ない、手塚と幸村がちょこちょこ出てくるのがウケる(笑)
不二が不二。2次元から3次元化したようにしか思えない。
サボテンの反抗期で不二に落ちた(笑)いいよ不二。
しんぺーたんかわゆいしんぺーたんかわゆいvvv
柳生は良い眼鏡。柳生変装の仁王の眼鏡も良い眼鏡。
柳生ヅラなジャッカル眼鏡も良い眼鏡(笑)
結局、眼鏡って良いね!にこ!(笑)
てか、まさかの公開生ヅラ替え(笑)
して大石の照り鶏(爆笑)
六角良い。六角男前。六角癒し。

立海2nd
やっぱり、ちょこちょこ出てくる手塚と幸村(笑)
幸村お見舞いの時の制服姿の真田は引率の先生にしか見えない(笑)
2次元でもキツいが、3次元化されたポロシャツ襟立て手塚はキツイ(苦笑)
あの着こなしの中3は嫌だ(苦笑)
やっぱ不二良い。しんぺーたんはぁはぁ。六角癒し。
てか、六角のあの両手を左右に開いて上下に振る。左右でぐるぐる。溜めからのヴィクトリー!
って何?いやかわゆいから何でもいいんだけど(笑)
On My Way の時のリョーマがピョコピョコ飛んでるのがかわゆい。

六角
やっぱり現地に居ない手塚(笑)
1番の見せ場は「油断せずに行こう」のメール(笑)
やっぱ六角癒し。サエさん男前だけど、バネさんも男前。
リメンバー氷帝が何とも哀しい(苦笑)
ベ様の裸(シャワーシーン)→バスローブからの「俺様の美脇に酔いな」コンボ(笑)
樺地は歌わない方が良かったなぁ・・・なんて。樺地も樺地。
菊丸のChoo Choo TRAIN分身に沸き起こる笑い(笑)
カーテンコールでべ様だけ黄色い歓声。さすが。

氷帝(winter)
1番お笑い要素が多かった。
手塚とベ様のメロディーラインの違う二重唱が4本中、1番ミュージカルっぽかった。
忍足の眼鏡は良い眼鏡。裕太かわゆいv桜井って誰だっけ?(爆)
でも、銀さんと桜井は良い味だしてた(笑)
不二の髪型;;orz なぜ短い;;;地毛じゃないんだろう?なぜ短い;;
想像していたよりズッキーの歌がマシだった(笑)
ベ様の投げキッスで倒れる樺地に胸キュン。てか樺ベを力強く応援したい!(笑)
んで、やっぱベ様だけ沸き起こるキャーv(笑)


ま。そんな感じで(笑)
すげー面白いんで、出てる公演DVD全部見てみたい(笑)
とりあえず比嘉は原作読んでから張り切って借りようと思う。
原作知らずに立海2ndの最後で出て来た比嘉の2人を見た感想は
怖っ;; だったんで;;特に前髪白い人;;原作読めばイメージ変わるかね?(苦笑)


ついでなんで、アニメ映画もレンタったよね(笑)
これはね・・・

酷かったよ(苦笑)

あんな、99%がツッコみで出来てる映画は他にないよ(苦笑)
あ、残りの1%は 樺地萌え ね(笑)

まず青学の話ダイジェスト感想。
豪華客船ご招待→賭けテニス→拳銃→まさかの蒸気船→タイタニック
この流れだけでも酷いのに、テニスの試合シーンに至っては、
手塚ゾーン→ブラックホールからのメテオ→地球ちゅどーん→恐竜絶滅
リョーマ対リョーガは、炎の竜巻VS大津波→水の中でも打ち合い→突如、大気圏突入ジャンプ→何故かリョーマ全裸打ち

・・・うん。コレはテニスじゃないよね。にこ(笑)

べ様話の方は・・・こっちはこっちで酷いけど樺地萌えだから許す(笑)
街の地面が開いて、イベント会場は実は巨大飛行機の上の建築物で、そのまま飛び立って跡部邸へとか、酷すぎるけど気にならない(笑)
んもう、むしろ、ここまでぶっとんだ話をやってしまう心意気が清々しいね。はは(笑)


そんな感じで、テニヌ漬けな1か月ですた(笑)
てか、「何をやってもOKライン」ってのがテニヌの魅力なのかもしれないね(笑)

ゲームと原作(27巻まで)読んだ印象とミュなどもろもろから判定しての現時点での俺推し。
好きキャラ1位は乾だな。原作での魅力が今一歩だったので仁王は点数伸びなかったね。
樺地は元々好きだったのだけども、不二が地味ーに点数を伸ばしまして上位です。
てか、弟兄です(爆)あと、樺べもはぁはぁ。
原作じゃまだ出てきてないので、今後変動はあるかもだけども、ゲームでは白金推し。
そんな感じで。
最近、自分の想像を自分に裏切られるので面白い(笑)
第一印象が低いキャラが最終的に上位ってパターンが結構あるよな(笑)



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://yw.blog55.fc2.com/tb.php/881-8e3afd97
    この記事へのトラックバック


    Recent Entries


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。